働き方改革を促進するシフト管理とは?働き方改革についても網羅的に紹介

1105
働き方改革とは、「一億総活躍社会」の実現のために、国と産業が「就業機会の拡大」や「意欲・能力を発揮できる環境の整備」を行う取り組みのことを指します。これらの取り組みを促進するためには、従業員の勤務時間を管理する「シフト管理」が重要です。この記事では、働き方改革の概要と、シフト管理の方法についてご紹介します。


働き方改革とは

働き方改革とは、雇用形態による待遇の格差や長時間労働の見直しなどにより、誰もが働きやすい環境を作り、企業の生産性を向上させることを目的とした取り組みです。以下では改革の骨子となる「働き方改革関連法案」と、企業が働き方改革を行うメリットについてご紹介します。

「働き方改革関連法案」とは、働き方改革の骨子となる複数の法律のことです。2019年4月から順次施行されており、より一層働き方改革が注目されるようになりました。

働き方改革関連法案のポイントは以下の3つです。

①時間外労働の上限規制
時間外労働は、月45時間、年360時間までと原則設定されています。特別な事情や、労使が合意している場合は年720時間以内と定められています。また、原則である月45時間を超過できるのは6ヶ月までです。

②同一労働同一賃金
雇用形態に関係なく、同一の仕事であれば同一の賃金を支払うことを義務付けています。また、待遇差がある場合は、その理由を明確化することも義務化しています。

③年次有給休暇の時季指定
法定の年次有給休暇の付与日数が10日以上のすべての労働者に対して、毎年5日の年次有給休暇を確実に取得させることを義務付けています。

企業が働き方改革を行うメリット
では、企業が働き方改革に取り組むことで得られるメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。

まずは、生産性の向上です。労働時間の見直しによって時間外労働が削減されることで、従業員は日中の業務時間内に成果を出すことを求められます。そのため従業員の集中力が高まり、生産性の向上が期待できるでしょう。

また、人材採用においてもメリットがあります。働き方改革に熱心に取り組んでいるという社会的な評価を得られるため、アピールポイントとなります。特に、若い世代は自身のライフスタイルの実現に意欲的な人が多いため、従業員の勤務環境を重視している企業は関心が向けられやすいでしょう。

さらに働き方改革は、従業員にとってもストレスなく、能力を発揮できる環境になります。そのため、従業員の満足度が上がり、離職率も低減できるでしょう。


働き方改革の具体的な方法

ここでは、企業が働き方改革に取り組む際の方法を2つの観点からご紹介します。

①適切なシフト管理
従業員の労働時間を見直すうえで、従業員のシフト管理を適切に行うことは重要です。休日を増やすだけではなく、企業の努力義務となっている「業務間インターバル制度」に沿ったシフト管理をすることも留意しましょう。
業務間インターバル制度とは、業務終了後に一定時間以上の休息を取らせることで、従業員の生活や睡眠の時間を確保しようという施策です。

そのほか、シフトを早番と遅番とに分けて遅番の次の日は早番を割り当てないなど、現場に即した具体的なルールを決める必要があります。

②正規労働者と非正規労働者の格差是正
働き方改革の同一労働同一賃金を実現することに向けて、アルバイトにも有給休暇を適用するなど、正規労働者と非正規労働者の格差を是正することが求められています。

そのため、各企業は非正規雇用者を含む労使の話し合いを行い、能力や職務などの内容を明確にする必要があります。その後、明確化された内容にもとづいた公正な評価を推し進め、賃金制度などの処遇体系全体を構築していきましょう。


アナログのシフト管理には限界がある

ここまで触れたとおり、労働基準法において、企業は従業員の労働時間を正確に把握するなど、従業員の労働時間を適切に管理することが責務として課されています。しかし現状では、自己申告制を不適切に運用することによる行き過ぎた長時間労働や、割増賃金の未払いが発生しているケースもあります。

また、取引先や現場に直接向かったあとに自社に戻らずに帰宅する「直行直帰」のほか、オフィス外でのテレワークなど、従業員の働き方は多様化しています。従業員の勤務している姿が目で確認できないことで、アナログ形式では労働時間を管理・把握することが難しくなっているようです。

働き方改革をスムーズに推進するためには、こういった勤怠周りについて、少ない労力で正確に把握することが欠かせません。しかし、アナログでのシフト管理では対応しきれない部分も多いでしょう。
そこでおすすめしたいのが、後述する勤怠管理システムなどのツールの活用です。


シフト管理システムならoplusがおすすめ!

働き方改革に合わせたシフト管理、勤怠管理は複雑で大変なものです。しかし、勤怠管理システムがあればシフト管理、勤怠管理も容易に行えます。

勤怠管理システムの「oplus」は、さまざまなシフト作成や勤怠管理を効率化する機能を搭載しており、基本機能がすべて無料で利用できます。
具体的な機能としては、たとえばシフト提出はクラウド上で完結するため、パソコン・スマートフォンなどから場所・時間問わずシフトの提出と編集が可能です。それぞれのアカウントの情報は各デバイスで常に同期されるため、最新情報の確認も即座にできます。

また、従業員から提出されたシフト希望は、シフト管理画面に自動的に転記されるため、紙やExcelへの転記の際に起こりがちな転記ミスをなくせるでしょう。そのほかにも、さまざまな条件に沿ったシフトを自動で作成する機能が備わっています。


まとめ

新型コロナウイルス感染症の影響もあり、働き方改革はより一層推進されていくでしょう。そのため、各企業は他社に後れをとらないよう、柔軟かつ迅速な対応をとることが求められます。
特にシフト管理は、働き方の多様化により複雑化しやすいポイントです。この機会に勤怠管理システムを導入し、従業員も満足する適切なシフト管理を実現してみてはいかがでしょうか。