飲食店はデジタル化でどう変わる? デジタル化成功のポイントなども解説!

1051

飲食店のデジタル化を推奨する理由とは

飲食店のデジタル化が推奨される理由として、人手不足が挙げられます。

労働人口の減少は、今後劇的に回復する見込みはありません。飲食店も売手市場が続き、今後も継続的に人材確保が困難になるため、採用コストが増してさらに経営を圧迫するという負の連鎖に陥っています。

特に飲食店は、「休みを取りづらい」「労働時間が長い」といった悪いイメージがより人手不足を加速させています。これらのイメージ改善は、業界全体で取り組むべき課題ではあるものの、飲食業界は個人経営であることも多く、各飲食店のオーナーや経営者の決断に委ねられているというのが実情です。

ICT活用などのデジタル化は、これらの問題を解決する方法として期待されています。実際に、飲食業界においてもインターネットなどのITを経営に採り入れる動きが活発になっています。


飲食店がデジタル化できる業務

では、飲食店がデジタル化できる業務として、どのようなものが挙げられるでしょうか。以下で3つの業務をご紹介します。

会計業務
まず、会計システムを利用して会計業務をデジタル化し、会計や会計に関連する業務を効率化することが挙げられます。
近年では、飲食店に適した会計システムが登場しており、各種会計ソフトとの連携や顧客管理、リアルタイムな売上管理など、多種多様な機能を備えています。また、会計システムのデジタル化は、タブレット端末を設置するだけで導入できる場合があり、きちんと吟味すればハイグレードかつ豊富な機能を手軽に利用可能です。

注文受付・予約対応業務
飲食店における注文受付や予約対応の業務もデジタル化できるポイントです。
デジタル化が叫ばれる以前から、グルメサイトやグルメアプリを使ってネットで予約受付をすることはできました。最近ではこれに加え、モバイルオーダーを使ってテイクアウトを行えたりデリバリーをしてもらえたりするサービスも出てきています。
スマホやタブレットひとつで注文を受けられるサービスも発展中で、新型コロナウイルス感染症の影響により、今後さらに普及していくだろうと予想されています。
ECサイトの構築を進めている飲食店は増えていますが、このような注文受付や予約対応をデジタル化する試みは、特に大きな注目を集めています。

マネジメント業務
飲食店では複数人のスタッフのシフトを調整しながら、給与や勤怠時刻などの管理も行う必要があります。これらをすべてマニュアルで行っていると、時間や手間がかかるだけでなく、ミスが生じるリスクがあります。
そのため、勤怠管理ツールを導入したり勤怠管理システムを構築したりすることで、シフト調整や勤怠管理、給与の計算といった管理業務をデジタル化して効率よく行う動きが、飲食店でも活発になっています。


デジタル化する際のポイント

飲食店におけるデジタル化は、新型コロナウイルスが流行していることもあいまって、今後さらに加速することが見込まれます。以下では、飲食店がデジタル化を行う時のポイントをご紹介します。

デジタル化が必要な部分を明確化する
デジタル化を進めるうえでまず大切になるポイントとして、デジタル化が必要な業務を特定することが挙げられます。「どの飲食店もデジタル化を進めているから」という理由で導入しても、よく検討すると自店舗には必要ないものだったということは大いにあり得ます。
現在の経営方針や課題と照合して、どのような点をデジタル化すれば業務効率が上げられるか、サービスの向上が図れるかを検討することが重要です。

導入するツールを選定する
デジタル化する部分が決まった後は、導入するツールを選定しましょう。たとえばPOSレジだけでも多種多様な種類がありますし、キャッシュレス端末でもサービスは色々と違います。
このように、デジタルツールはそれぞれできることとできないことがあり、店舗それぞれに合うか否かが変わってきます。そのため、機能やサービス面などを見極めた上で、複数のサービスの中からじっくりと検討するようにしましょう。
間違っても、「有名だから」「人気があるから」という理由で飛びつくように選んではいけません。結果的に高額なサービス料を支払ってしまうことになったり、必要のないサービスが付いてきてしまったりと、好ましくない結果につながる可能性があります。

費用対効果を算出する
多額の資金を投じてデジタル化を行っても、必ず想定した費用対効果が得られるというわけではありません。そのため、デジタル化するためにどのくらいの資金をかけて、どのくらいの費用対効果が想定できるのか、事前に算出しておくことが望ましいでしょう。飲食店の場合、売上増加にデジタル化がどのくらい影響するのかも算出すれば、より細かな費用対効果の試算ができます。


シフト管理のデジタル化ならoplusにお任せ!

デジタル化する領域を検討する際、シフト管理に着目して、勤怠管理システムの導入を考えている方も多いのではないでしょうか。そんな方にお勧めなのが、勤怠管理システム「oplus」です。oplusを使えば、さまざまな機能でシフト作成や勤怠管理を効率化することができます。

oplusはクラウドサービスであり、パソコンやスマホなどから、「いつでも」「どこでも」シフトの提出や編集ができます。また、アカウントの情報はそれぞれのデバイスで常に同期され、最新の情報に保たれます。
さらに、スタッフから提出されたシフト希望はシフト管理画面に自動転記されるため、紙やExcelへの転記ミスの発生をなくすことができます。

気になる費用面ですが、基本的に100ユーザーまでは無料で利用できます。さらに豊富なサービスを利用できる「Proプラン」は1ユーザーにつき100円、「Pro+勤怠プラン」は1ユーザーにつき200円で利用可能です。
機能や使い心地が気になる方は、まずは無料のプランから試してみてはいかがでしょうか。


まとめ

飲食店を取り巻く苦しい状況は、すぐに改善されることはないでしょう。新型コロナウイルス感染症の流行もあいまって、できるだけ早く、状況改善に向けた取り組みに着手する必要があると言えます。
厳しい状況を好機と捉え、ぜひこの機会にデジタル化に取り組んでみてはいかがでしょうか。特にシフト管理や勤怠管理をデジタル化したいとお考えの方は、ぜひoplusをご利用ください。