運送業におけるドライバーのシフト管理の課題とは?改善策についても解説

1084
ドライバーの仕事は、勤務時間やシフトパターンが特殊であるため、正確に勤怠管理を行うことが難しいと言われています。しかし、勤務時間をきちんと把握できれば、長時間労働によるドライバーへの負担を減らせるだけでなく、無駄な人件費を削減できるなど雇用側にもメリットがあるでしょう。この記事では、ドライバーの勤怠管理の課題と、それを解消することができるおすすめの勤怠管理システムをご紹介します。


ドライバーのシフト管理の課題

初めに、ドライバーのシフト管理の課題と、その原因について解説していきます。

ドライバーによる打刻漏れ
短距離での輸送の場合、勤務時間の管理は比較的しやすいと言われていますが、長距離輸送の場合は事情が異なります。長距離の場合、24時間以上事業所に戻らなかったり、日をまたいで勤務することがあったりするため、勤務時間を後日まとめて申請する場合があるからです。時間が経過すると終業時間や休憩時間の認識が曖昧になるため、おおよその時間で申請する場合が頻出し、無駄な人件費が発生する要因にもなります。

ドライバーの複雑な勤務パターン
物流業界では、ドライバーの他にも多くの従業員が必要です。職種によっては非正規雇用が多かったり、夜勤などのシフトパターンが発生したりします。
また、長時間労働を改善するため、運転時間や休憩時間、拘束時間などが細かく規定されているため、残業した場合は翌日の勤務時間を調整する必要があります。そのため、勤怠管理の複雑性が増し、アナログな方法だけでは管理側の負担が大きくなりがちです。

ドライバーの自己申告制で決まる勤務時間
上記でも触れたように、長距離ドライバーの勤務時間は基本的にドライバー自信が申告した内容で決定されます。ドライバー自身がきちんと記録している場合は大きな問題は生じないかもしれませんが、必ずしもそういうわけにはいかないでしょう。
ドライバー側しか本当の実働時間が分からず、場合によっては直行直帰などもあり、管理者が正確な実働時間を把握するのが困難な状況が生じる傾向にあるのです。


ドライバーのシフト管理を改善するコツ

ここまで、ドライバーのシフト管理が難しくなる要因を解説しましたが、うまく勤怠管理システムを利用すれば課題を解決できるかもしれません。ここからは、ドライバーのシフト管理を改善するコツを解説していきます。

GPS機能による勤務状況の把握
実働時間の正確な把握には、GPS機能をうまく使うと良いでしょう。ドライバーの足跡を追えるように営業車にGPSを取り付けたり、GPS機能と連動できる勤怠管理システムを導入したりすると、勤務時間を正確に管理できます。特に、スマホのGPS機能と連動できる勤怠管理システムを使えば、勤怠打刻の時間と位置を把握でき便利です。

長時間労働が発生しづらいシフトの作成
ドライバーの長時間労働が生じないシフトを作ることも重要です。そうすることで、管理者とドライバーの認識のずれや関係性のこじれから思いがけず残業代を請求されたり、長時間労働が続くことで監督者から指摘を受けたりするリスクを減らせます。
業務量の偏りをゼロにすることは難しいかもしれませんが、ドライバーにとってはできるだけ働きやすく、管理者にとってはスムーズなシフト管理が可能な状況を実現するには、無理のないシフトを作ることが肝要です。

システムによるシフト管理
運送業の就業時間には細かい規定があります。また、法改正によって規則が変わってくるため、それらを全て把握してアナログでシフトを作成するのは非常に大変な作業です。
シフト管理システムを導入すれば、こういった作業コストを削減できます。システムを利用してシフト管理を行えば、法改正などもシステムアップデートで対応できるようになり、シフト作成に伴う労力を最小限に抑えることができるでしょう。


ドライバーのシフト管理ならoplusにお任せください!

ドライバーのシフト・勤怠管理システムなら、「oplus」がおすすめです。oplusは導入費用が無料で、基本のプランは月額料金もかからず利用できます。
また、操作面もとてもシンプルに設計されているので、「お試しで利用してみたい」「複雑な操作は面倒くさい」といった希望がある場合も導入障壁が低いこともポイントです。さらに、既に6,000社以上の企業・団体への導入実績があり、安心して導入することができます。


まとめ

この記事では、ドライバーのシフト管理に関する課題やコツをご紹介しました。
ドライバーの勤怠管理は、様々な要因によって煩雑になりがちです。しかし、勤怠管理システムを導入するなどポイントを押さえることで、勤怠管理に正確性を持たせ、無駄な人件費を削減することにつながります。煩雑になりがちなシフト作成・管理をシステム化できれば、業務の効率化も図れるでしょう。この機会に、ドライバーのシフト管理方法を見直してみてはいかがでしょうか。