店舗もDX化へ!DX化によるメリットや効果について解説

1101-DX-DX-png
IT化が進む昨今、多くの業界業種でIT化が加速しています。集客やブランディング、マーケティング、業務効率化に至るまで、今や様々なツールが活用されています。

一方で、世界的に見ると日本は「IT後進国」と揶揄されるケースもあり、デジタル活用が進んでいないレガシーな産業も少なくありません。そこで近年は国を挙げてのデジタル改革が叫ばれています。

とりわけ「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」の機運が高まっており、DX推進による競争力強化や業務効率化の向上が期待されています。 この記事ではDXの概要を解説し、店舗型ビジネスでDXに取り組むメリットをご紹介します。


この記事の概要

・DXとは
・店舗がDXに取り組むことで得られる効果
・シフト管理のDXならoplusにお任せ!
・まとめ


DXとは

「DX(デジタル・トランスフォーメーション)」は、2004年にスウェーデン大学のエリック・ストルターマン氏によって提唱されました。DXは「ITの浸透が、人々の生活をあらゆる面でより良い方向に変化させる」という思想にもとづいており、ビジネス分野ではIT活用によって業績・対象範囲を抜本的に変革することを指します。

注目されている理由
DXが日本の機会損出を救う!?

2004年に提唱されたDXが現在注目されている理由の一つが、2018年に経済産業省が発表した「DXレポート」です。このレポートでは、DXを推進しない場合のリスクを「2025年の崖」として、2025年以降、1年あたり最大12兆円の経済損失を生む可能性を指摘しています。

現状、企業における既存システムは複雑化しすぎており、ブラックボックス化しているケースも少なくありません。しかし、この課題を解決しなければ日本はデジタル競争の敗者となり、システムの保守・運用費の高騰や保守・運用を担える人材の減少、システムトラブルのリスクも高まります。
こうした「2025年の崖」を回避すべく、政府も積極的にDXを推進・推奨しているのです。

DXのメリット
従来の仕組みを抜本的に変える!

DXの一番のメリットは、業務効率化による生産性や正確性の向上です。
各種ITソリューションを駆使して従来の業務プロセスを改善し、根本から変革・最適化することで業務効率化を図ります。実施するDXの内容にもよりますが、業務効率化を目指すものであれば、業務スピードの高速化による生産性向上、人的リソースの負荷軽減、ヒューマンエラー防止による正確性の向上などが望めます。

例えば、リソースが逼迫しやすい問い合わせの受付などを全てチャットボットに置き換えて自動化すれば、問い合わせの業務負荷を抑えられます。問い合わせのリソースを減らすことで社員は他のコア業務に注力できるようになり、生産性の向上が見込めるでしょう。
このように、何らかのデジタルソリューションを活用しスキームを刷新することで、いくつものメリットが得られるのです。


店舗がDXに取り組むことで得られる効果

店舗がDXに取り組むことで得られるメリットを3つ紹介!

店舗システム

①勤怠管理や育成・マニュアルの簡素化
店舗が勤怠管理をする代表例に、タイムカードを使う方法があります。
タイムカード管理では、各人のタイムカード情報をExcelシートや書類に転記する必要がありますが、この作業は非常に労力がかかります。

しかし、勤怠管理システムを導入すれば、スマートフォンなどを使った出退勤の打刻が可能です。勤怠情報はシステムと連携されるため転記する必要もなくなり、業務負荷や打刻漏れが減らせます。また、スマートフォンや専用のツールで研修動画を配信することで、空いた時間を使った効率的な教育を受けさせることができます。作業マニュアルもスマートフォン上に集約すれば、いつでも好きなときに確認できるようになるでしょう。

②棚卸や検品作業などの業務効率化
店舗における棚卸しや検品には、専用のハンディターミナルを使うケースが一般的です。また、近年は棚卸し作業を外部へと委託する企業も多いようですが、どうしても外注費がかさんでしまいます。
これら検品作業をスマートフォンに集約することで、手軽にコスト削減が可能です。スマートフォン1台で棚卸しも検品もできるようにすれば、店舗の従業員だけで業務を完結でき、人件費とリソースにゆとりが生まれます。

③万引きの防止
店舗運営をするにあたって、万引きは悩ましい問題です。万引きGメンを雇って監視させても、万引きを100%防ぐことはできません。そこで有効になるのが、スマートカメラとスマートフォンを連動させる方法です。

店舗に顧客が入店したと同時に、スマートカメラが来店者の顔認証を行います。そして万引きの経歴がある人物かどうかを認知し、該当の場合はすぐに通知を送ることが可能です。通知があった場合、店舗スタッフが該当した来店者に声をかけ、マークしていることを遠回しに気づかせることで万引きを未然に防ぐことができ、万引き犯も再来店をしなくなります。


シフト管理のDXならoplusにお任せ!

oplus

ここまでご紹介したように、ITシステムの活用によって効率的に業務改善が叶えられます。
例えば勤怠管理システムの導入によって、シフト管理などに代表される店舗の勤怠管理業務をDX化することも可能です。なかでも「oplus」はシフト作成や勤怠管理を効率化するさまざまな機能が搭載されており、便利な機能が無料で使えます。

oplusの強みは、「無料で扱えるコストパフォーマンス」「シンプルかつ直感的な操作性」「カスタマイズの柔軟性」の3つです。
料金プランはスタンダード・Pro・Pro+勤怠から選択でき、スタンダートプランは無料で100ユーザーまで追加ができます。利用できる機能もシフト管理からスケジューリング、メッセージの一斉送信やコメント機能まで様々です。
また、これらの機能が直感的に扱える操作性の高さもoplusの特徴です。まだITツールを活用したことがない方も、手軽に導入できるでしょう。


まとめ

今回は店舗型ビジネスにおけるDXをテーマにご紹介しました。「2025年の崖」問題のことを考えると、なるべく早くDX化を図ることが望ましいでしょう。DXを進めることで社内業務の効率化が進み、ボトルネックを解消しながら利益を最大化できます。勤怠管理システムを使った勤怠管理の簡素化は、DX化の中でも着手しやすいものなので、お困りの方はぜひ導入してみてはいかがでしょうか。

シフト管理をクラウド化で「紙使用」から「神仕様」へ

oplus

シンプルで直感的操作が可能な無料のシフト管理サービス「oplus」。おもわず「なぜ無料?」と検索されるほど無料プランが充実。

有料プランでは自動シフト作成、労務管理、勤怠管理など用途に応じていつでも適切なプランに切り替えも可能。

無料で始められる「oplus」、是非お試しください。