アルバイト先で上手にコミュニケーションをとるポイントを解説!

1149

1 導入

アルバイト先では、元気に挨拶をする、他の従業員と話をするなどのコミュニケーションがとても重要です。仕事の合間に職場の人と楽しく会話できれば、ストレス解消にもなるでしょう。この記事では、アルバイト先でコミュニケーションを上手にとるためのコツと、会話の具体例をご紹介します。



2 アルバイト先で上手にコミュニケーションをとるコツ

ここでは、アルバイト先で上手にコミュニケーションをとる6つのコツをご紹介します。

2-1 元気に挨拶をする
挨拶はコミュニケーションの基本であり、挨拶の仕方を意識するだけで相手と良好な関係を築くことが可能です。
まず、アルバイト先に出勤したときは元気な声で挨拶をしましょう。挨拶は特定の従業員だけでなく、すsべての従業員にするように心がけます。シフトの関係で普段あまり顔を合わせないような人もいるかもしれませんが、そういった人に対しても、積極的に挨拶をする姿勢を見せることが望ましいでしょう。
退勤時は、「お先に失礼します」「お疲れさまです」などと挨拶します。他の従業員から挨拶をされたときは、必ず挨拶を返しましょう。

2-2 雑談をしてみる
適度な雑談は、会話を通してお互いをより良く理解することができ、より一層働きやすい環境を作ることにつながるため有効です。
アルバイト先の従業員と雑談をしたいときは、お互いが気軽な気持ちで話すことのできる話題を選んで、自分から話しかけてみると良いでしょう。相手の趣味や関心が分からない場合は、天気の話や自分の趣味の話から始めるのがおすすめです。

2-3 相手の話をよく聞く
相手の話をよく聞く「傾聴」の姿勢を見せることは、良好な関係を築く第一歩となります。話術に自信がない人でも、相手の話に一生懸命耳を傾けることができれば、コミュニケーションは成立します。
ポイントは、相手の話したい気持ちをそいでしまわないよう、「相手7:自分3」の割合を意識して話すことです。また、相手の話を聞くときは口角を上げるよう意識しましょう。

2-4 共感する
コミュニケーションが上手な人は、聞き上手であると言われています。聞き上手になるための第一歩となるのが、「相手の話に共感すること」です。
話している中で、自分は賛成できないと思うような場面があるかもしれません。そんな場合でも、「それは違うと思います」と全否定はせず、相手の気持ちを汲んで返すイメージで共感する姿勢を見せましょう。「分かりますよ」と共感してあげるだけで、相手に大きな安心感を与えることができます。

2-5 不明点はその場で解決する
会話の中で不明な点があった場合は、その場ですぐに確認するようにしましょう。不明点をそのままにしてもやもやした気持ちになっていると、気持ちが顔に出てしまって相手に不安を抱かせてしまいます。
ただし、質問が多すぎるとそのたびに話が途切れて、相手に話しにくい印象を持たれてしまいます。質問は、相手の話の区切りが良いタイミングを見計らって行うようにしましょう。

2-6 愚痴や陰口を言わない
アルバイト中に、たとえば同僚のミスのせいで顧客から怒られるなどしてストレスを感じることがあるかもしれません。こういったときに、「彼のせいで私が迷惑している」などと周囲に愚痴を言ってしまう人もいますが、これはできるだけ避けるべきです。愚痴を言えば気休めになるかもしれませんが、愚痴を聞かされる側は気分の良いものではないからです。
同僚の陰口を言うことも禁物です。付き合いづらいと感じる同僚がいても、その人の陰口を言うことは自分にとってもデメリットしかもたらしません。



3 コミュニケーションの具体例

ここではおすすめのコミュニケーションについて、具体例を3つご紹介します。

3-1 雑談での会話例
Aさんが、アルバイト先でBさんと好きな本の話をしていると仮定し、さらにBさんの好きな本はAさんにはまったく興味がないと仮定した場合、どのようなコミュニケーションをとれば良いのでしょうか。
ポイントは、興味がなく、分からないことであっても、会話の中に共通点を見出すことができれば、会話を続けることができるということです。

(会話例)
Bさん「私は、○○という本が好きなんです。」
Aさん「○○という本が好きなんですね。その本のどういったところが好きですか?」
Bさん「文章も良いけれど、主人公がドラムを演奏できるところがかっこいいと思います。」
Aさん「へえ!私は高校時代に軽音楽部でドラムを叩いていましたよ。」

3-2 相手の話を聞く会話例
会話で人と意思を通じ合わせるためには、自分よりも相手の話に耳を傾けることに注力することが大切です。相手の話をただぼんやりと聞き流すのは、失礼にあたります。相手の気持ちに寄り添いながら、傾聴する姿勢を見せましょう。

(会話例)
Aさん「新人への指導が、とてもうまくいきましたよ。」
Bさん「うんうん。」
Aさん「来週から、アルバイトリーダーを任せられそうなんです。」
Bさん「そうなんですか。それは良かった!」

3-3 仕事を伝える会話例
相手から「この人は何が言いたいのだろう」といった不安を抱かせてしまうと、会話で伝えたい内容が届かなくなってしまいます。相手に伝えたいことがある場合は、例のように目的や結論を明確にしたうえで話しましょう。

(会話例)
Aさん「接客の対応が良かったから、ホールでの接客は君に任せたい。」
Bさん「ありがとうございます。頑張ります!」



4 まとめ

アルバイト先での会話をスムーズにするためには、いくつかのコツがあることが分かりました。人と話すことに自信がないという人は、まずは相手の話をしっかりと聞いて、適度な共感を示すことを意識してみてください。