職場の労働環境で改善すべき問題とは?改善方法についても解説

1104
日本企業の多くが人手不足に悩んでおり、それに伴って時間外労働や有休消化率の低下が発生するなど、労働環境における課題を抱えています。各企業は、常に労働改善の改善に取り組む姿勢を持つべきでしょう。この記事では、労働環境で改善すべきポイントや、具体的な改善の方法についてご紹介します。


労働環境とは

労働環境とは、従業員が企業で働くうえでの場所・時間を含めた環境のことを指します。従業員が定着し、意欲的に業務に取り組むためには、快適なオフィス環境や働き方の見直しなどが必要です。
以下では、労働環境の主要な環境要因と、日本の現状についてご紹介します。

主要な環境要因
労働基準法の特別法である「労働安全衛生法」には、労働者の健康・安全について細かく規定されています。
労働安全衛生法で規定されている主要な環境要因には、「気候的条件」「物理的条件」「化学的条件」の3つがあります。以下で詳しく見ていきましょう。

気候的条件
職場において体感する気温や湿度、風速や気圧、そのほか気温に変動を及ぼすパソコンやコピー機の放射熱などのことです。こういった気候的条件の不快感が慢性的になると、従業員の健康に悪影響を及ぼします。

物理的条件
照明や色彩、採光、振動、粉塵、超音波、その他有害な放射線など、五感でとらえる物理的な条件から生じる不快感が常態化することによって、従業員の健康に被害を及ぼします。

化学的条件
ガスや蒸気、液体または固体の有害物質、臭いなど、化学物質から放たれる物質が五感を刺激することによって、人体は本能的に不快を感じます。これが慢性化することによって、健康に悪影響を及ぼします。

日本の労働環境の現状
日本の労働環境の現状を示す一つの指標として、「有休消化率の低さ」が挙げられます。
エクスペディア・ジャパンが毎年行っている世界28ヶ国、18歳以上の男女を対象とした「有休休暇の国際比較問題」によれば、日本の有休消化率は2016年から2018年にかけて、3年連続で世界最下位でした。

有給を消化しない理由として、
・周りの従業員が取らないから、有休を取りづらい
・休むと仕事が溜まるから、有休は取れない
などが挙げられています。労働環境の問題によって周囲の目や仕事に対する懸念点がつのり、有休休暇の取得を堂々と行使できていないという状況です。


労働環境で改善すべきポイント

では、どうすれば労働環境を改善できるのでしょうか。以下で改善すべきポイントを見ていきましょう

①労働時間
長時間労働は過労死や過労自殺のリスクを高めるとして、深刻な社会問題となっています。
長時間労働が起こる要因として、上司の仕事に対する考え方やマネジメント能力に問題がある、人手不足によって従業員ひとりひとりの業務量が多くなっているなどが挙げられます。そのため、部下を指導する立場にある従業員に対し、長時間労働への考えを改善してもらうための講習会や、業務計画の見直しなどで改善を図る必要があります。

②有休消化率
前述したとおり、日本における有休消化率は世界的に見ると最低レベルで、一刻も早い改善が求められます。
有給消化が進まない背景には、有給を取りづらい職場環境になっていたり、人手不足で一人あたりの業務量が多すぎたりすることがあると考えられます。そのため、上司が率先して有休を取る、早期に義務分の有休消化を行うなどの方法で、有休が取りづらくなっている状況を改善し、誰もが有休消化できる労働環境を目指しましょう。

③安全衛生
従業員の病気や事故といった労働災害が起こらないように、労働環境の整備をすることも大切です。パワハラやいじめなどによる精神的ストレス、職場の安全性確保不足による事故などが多発していては、従業員と企業双方にとっても悪影響でしょう。
そのため、産業カウンセラーや心理カウンセラーによるサポートを導入したり、業務の一部を機械化し安全性を図ったりなど、従業員のメンタル・フィジカルヘルスを整備し、労働災害を防ぎましょう。


労働環境を改善する具体的なアイデア

ここでは、労働環境を改善する具体的な方法をご紹介します。直面している課題に合わせて、適切な改善方法を検討しましょう。

勤怠管理を徹底する
労働環境を改善するには、まずは勤怠管理を徹底することが重要です。杜撰な管理では、そもそも問題が生じているのか、生じているとすればどこなのか、またそれはどの程度なのかなどを把握することができません。
また、問題把握だけでなく、具体的な効果もあります。例えば、残業代の未払いを防止できるでしょう。賃金は従業員の満足度に直結するため、改善余地がないか考えたいポイントです。
また、現在はテレワークにおけるオフィス外での勤務が増えているため、そういったイレギュラーな勤務についてもきちんと把握することが重要です。さまざまな勤務スタイルに対応した効率の良い勤怠管理を行うためには、勤怠管理システムの導入を検討すると良いでしょう。

コミュニケーションを活性化する
従業員同士でコミュニケーションを取る機会を積極的に作ることも、労働環境の改善につながります。
例えば、昼食代を定期的に支給し、従業員同士でランチに出かけることを推進するのもおすすめです。食事をしながら会話をすることで、業務の際も円滑にコミュニケーションが取れるようになります。

有給休暇を取得しやすい環境を作る
有給休暇についても、従業員が取りづらい状況であるならば改善が必要です。
例えば1日単位ではなく時間単位での取得を認めたり、連続で有給休暇を取得することで特別休暇が与えられたりするような制度の導入が考えられます。こうした取り組みで有給休暇の取得率を上げられれば、従業員の労働意欲も高まって労働環境の改善が期待できるでしょう。


oplusなら適切なシフト管理で労働環境を改善できる!

先ほども述べた通り、勤怠管理システムを導入し、勤怠記録を可視化して効率の良い勤怠管理を行うことは、職場の労働環境の改善に役立ちます。
なかでも「oplus」は、基本機能はすべて無料で使うことができ、シフト作成や勤怠管理を改善するさまざまな機能を搭載しています。以下で機能の一部をご紹介します。

・シフト提出機能
oplusはクラウドサービスであり、パソコンやスマートフォンなどからいつでも・どこでもシフト提出・編集ができます。アカウントの情報はそれぞれのデバイスで常に同期されるため、最新の情報に保たれます。

・シフト作成機能
各従業員から提出されたシフト希望は、シフト管理画面に自動で転記されるようになっています。そのため、紙やExcelに転記する際に生じやすいミスを無くすことができます。

・自動シフト作成機能
さまざまな条件にのっとったシフトを自動で作成する機能も搭載しています。業務や曜日ごとに細かく必要人数を設定することや、出勤日数の均等化、出勤インターバルの設定も行うことができます。


まとめ

労働環境の改善は、現在も企業の喫緊の課題となっています。近年働き方改革が提唱されるようになったことで、今後はより一層労働環境改善の動きが活発化するでしょう。どの企業も、他社に後れをとらない対応が求められます。