全ての店長が知っておくべき最新アルバイト採用方法!

1041

企業の売上を伸ばすには、自社のニーズに適した人材を採用することが不可欠です。しかし近年では、人材獲得競争の激化や、労働者人口の減少などにより、正社員・アルバイトを問わず人材不足に悩む企業が増えています。 商品やサービスに対する需要増加に対応しきれず、業績が伸び悩む事態は極力避けたいところでしょう。

また、2020年以降は新型コロナウイルス感染症の影響で、求職者が企業に求めるニーズが変化し、採用方針や働き方を変えた企業も多くあります。このような状況のなか、人材を確保するためには、自社の方針に沿った採用施策を選択することが重要です。そこでこの記事では、アルバイト向けの有効な採用施策をご紹介します。


採用施策の取捨選択は大変・・・!

採用施策は、機能・利用料金・利用方法など、さまざまな観点から選ばなければなりません。しかし、オンラインでの求人活動が活発化している現代において、採用施策の選び方で悩む方は多いでしょう。採用活動を効率的に行うには、採用施策ごとの特徴を把握しておくことが重要です。
ここでは、アルバイトを対象とした5種類の採用施策について、特徴やメリット・デメリットを簡単にご紹介します。

①Web求人サイト
短期間で自社に適した人材を集めたい場合、Web求人サイトの活用がおすすめです。アルバイト先を探している層に対して、広く求人情報を発信することができます。ただし、サイトへの掲載に費用がかかる点はデメリットです。また、求人掲載数が多いため、応募内容に目を引く工夫を取り入れる必要があるでしょう。

②求人検索エンジン
求人検索エンジンは、採用活動にかかるコストを抑えられる手段です。無料媒体のサイトも存在するため、機能面などを考慮して利用方法を検討できます。なお、アルバイトの採用方針に合わせてピンポイントに求人を行える点はメリットですが、掲載するまでの手間がかかる傾向にあるため注意が必要です。

③派遣会社
特定のタイミングで働くアルバイトを確保したい場合は、派遣会社を活用しましょう。募集開始から人材紹介までが早くマッチング度も高い傾向にありますが、派遣会社を経由するため、他の採用施策と比べて費用が高くなることがあります。

④張り紙
店頭や店内などに張り紙を掲示することで、通行人や店舗利用者に対するアルバイト募集を効率的に実施できます。張り紙は採用コストを掛けずに実施できますが、張り紙のデザインや場所によっては人材が集まりづらいかもしれません。

⑤ハローワーク
ハローワークによる求人募集は採用コストがかからず、多数の求職者に採用情報が届きやすくなります。ただし、応募者を絞り込みづらいため、採用方針に適した人材が集まるとは限りません。


全く新しい採用手法!?タイミーとは

アルバイト向けの採用施策は数多くありますが、応募条件の検討や、自社に適した採用施策の選択には、少なからず労力とコストがかかります。そこで、手軽にアルバイト採用を行いたい方には、人材募集アプリを用いて採用活動を行うことがおすすめです。最近さまざまな業界で注目されているスキマバイトアプリ「タイミー」であれば、単発アルバイトの確保から長期アルバイトの採用までを幅広く行えます。
 
求人の掲載料が無料
タイミーは無料で求人掲載が行えるアプリです。1日単位でアルバイトを確保できるシステムになっているため、人材が必要なタイミングに合わせて募集をかけられます。求人掲載から人材確保までを手早く進められ、翌日にアルバイトが必要になった場合でもすぐに募集、採用まで進められることが特徴です。

長期や正社員採用への転換も無料
応募者側の同意があれば、タイミーを経由して来た短期アルバイトを、長期アルバイトや正社員に経費無料で転換することも可能です。長期採用への転向を行うにあたって、タイミーへの報告義務や紹介料は一切発生しません。

実際に働く姿を見て判断出来る
タイミーを活用して長期アルバイトの採用を行う場合、応募者の実際の働き方を見てから採用の判断ができます。応募者の業務スキルを採用前に見極められるため、企業と応募者のミスマッチを防げるでしょう。また、タイミーでは応募者の勤務評価や保有スキルなどを事前に確認できるため、人柄や業務スキルなどを把握してから人材を確保できます。

現在のタイミーの利用者数は約160万人で、年代、性別を問わず幅広く活用されています。また、そのうちの約20%は、普段正社員として働いている方々です。このことから、普段と異なる環境、業種で働きたいという方もタイミーを活用していることがわかります。
副業が許可された職場であれば、社会人がアルバイトを行うことは珍しくありません。新しい採用施策として、社会人を対象としたアルバイト募集を行うことも検討すると良いでしょう。


まとめ

自社の方針に適した人材を効率的に確保するには、さまざまな採用施策を把握、検討することが重要です。また、近年は副業に関心を持つ社会人も増えつつあります。紙媒体やWebサイトによる採用施策のみではなく、タイミーを始めとしたアプリによる採用施策も検討してみてはいかがでしょうか。